こころのとびら、そして真実へようこそ

日々、仕事や生活、対人関係で,けっこう頑張っているのに”なんでうまくいかないんだろう”って考えたことありませんか?最近、気持ちがめいったり、やる気が起きない、ささいなことでも”イライラしたり” または無気力とか・・・。

理由はわからないけど、落ち込んだり・・・。あるいは ”お金の事で苦しんだり”・・・次々とおこる悩み、苦しみ、争い、問題、困難に直面し、こころの落ち着きを失ったり・・・等々。深刻な体調の変化や病気・・・。突然の事故・・・等々。 なぜッ!?どうしてッ!?

そんな毎日を送っていると、もしかして自分は ”軽い心の病気なのかな?” それともoo病?

”自分は運が悪い人生なんだ”って嘆かず、今一度見つめ直してみませんか!!

そんな事が続いていたら、このサイトを一読してみてください!!

その原因は、人々の純粋な心をむしばむ 誤った教そえや信仰、邪(よこしま)な宗教や思想、そして道理(どうり)と筋道(すじみち)を見失ってしまった無関心なこころ、もう少し踏み込めば、原因と結果、「因果(いんが)の生命(せいめい)」の活動によるものなんです。

このように申しますと、驚(おどろ)きや戸惑いがあると思いますが、これが事実なんです。”宗教なんて!?” また、”無関心が災い!?” と思わずに 「大切な自分自信の人生を」 一緒に考えてみませんか? 空を見上げれば ”太陽がただひとつ”燦々(さんさん)と私達を包み込み照らし続けるように!!

何ものにも壊されない、[真実のしあわせになる方法]は、仏法を正しく伝承する日蓮正宗に立ち返り、
@御受戒を授かり(創価学会、顕正会等の方々は勧誡式)A朝夕の勤行(五座、三座)を覚え毎日行いBご縁の日蓮正宗の寺院または近くの寺院に出来るだけ多く参詣しC総本山 大石寺(静岡県)に参詣しDご自分のご縁の方々へ日蓮正宗の大切な教えを伝え、共に精進する折伏を行うことなのです。

”真実の正しい教え、仏法(ぶっぽう)は”唯ひとつしかないことを!!

宗教・信仰は人生に大きく影響するって本当?

世の中には、たくさんの宗教・信仰があります。行楽に向かう渋滞の車の数ほどあります。怪しげな祈祷(きとう)や占(うらな)いの類(たぐい)。狐(きつね)や蛇(へび)などの動物を拝む宗教、過去の軍人(ぐんじん)や英雄などの人々を神(かみ)として祭っている信仰、近年では宗教団体そのものが”犯罪者団体”だったものまでが世間を騒がせました。また、我が家は古くからの有名な寺院や神社の信仰(何宗か解らなけいど?)をしてるからとりあえず大丈夫!?”はたまた、立派で大きなビル建築の”新興宗教団体で教祖も有名そうだから”心配しないで・・!信者の数もすごく多いしッ!。文化や芸能、政治活動までしているかねッ??” 等々。さらには、自分は今までにいろいろな信仰や宗教をしてみたけど良くならないからコリゴリだ!無宗教でいいんだ!という方々も多いでしょう。しかし、ここで大切なことを見落としています。
では本当のしあわせ、崩れることのないしあわせ、とは本当に実現するのでしょうか?
人は決してひとりでは生きていけません。家族があり、取り巻く愛する人があり、子供があり、孫もいる。その大切な皆様のしあわせ、安心・安全・安泰を実感するのは、決して私だけではないと思います。

現在、日本での宗教団体は22万以上がありますが、宗教なら何でもよいか、ありがたいか、といえば決してそうではありません。また、信仰にはまったく関係のない、純粋な信者を利用した「政治団体」など類(たぐい)はもってのほかです。なぜならば、「信仰する」とは、拝(おが)む対象と一体(いったい)になろうとする行為(こうい)ですので、その拝(おが)む対象が私たちの生命(せいめい)の奥深くまで入り込み、私たちの言動、行動、人格までも左右するのです。また自分は無宗教だから関係ない!と思っていても、私たちの生命は、父親・母親の両親(ひいては先祖)の身と心「身心」を分けて生まれてきたわけですから、過去に御先祖(ごせんぞ)が信仰していた宗教の影響は、確実に私たちの生命へと引き継がれ、その家々の宗派宗教の影響が日々、日常的に反映され、自分自身はもとより親子・親族をはじめ私達の身近(みじか)で大切な人々に、様々な不可解な現象や、災難、苦難が降りかかってくるのです。
仏様を欺く(あざむく)宗教団体・組織集団から1分、1秒でも早く脱会、縁切りをして下さい。
それは、自らはもとより大切な家族、親類、縁者一切の方々の今後の人生の為でもあります。

毎日報道されています、凄惨で悲しい事件や事故、争いや対立・・。最近とくに急増しています「うつ病」を始めとする、心の病(やまい)、奇病(きびょう)難病(なんびょう)又、若い方々の自殺等、根元(ねもと)にある不幸の原因に迷い苦しむじつに多く人々・・。

宗教・信仰はけっして何でもよいのではなく、真に現実の人生のうえに向上と繁栄をもたらす、正しい「真の宗教・信仰」を選(えら)ばなければ、現代を生きる社会・世間をはじめ、各家庭のなか、自分自身の人生はもとより、親子・親族をはじめ私たちの身近(みじか)で大切な人々に、さまざまな悪い影響や困難な問題が競い起こってくるのです。

不幸・苦しみの原因、害と毒(がいとどく)!?

およそ世間の様々な宗派団体組織は、開祖(かいそ)・教祖(きょうそ)・会長(かいちょう)等、元(もと)となって一派団体を発案(はつあん)した人々がいます。その人々(開祖や等)は元々は素直に真理(しんり)や高度な教えを求めようと、難行や苦行(くぎょう)等を行ない、ある人は良い師匠(ししょう)を求めて弟子となって、高い次元(じげん)の教えを得ようとしました。しかし、修行や苦行、または自らが仕えた師匠の高度な教えや法門にたいする厳しさや躾(しつけ)についていけず、師匠に敵対(てきたい)し一派を作って独立する人や、または、思いつきや霊感(れいかん)を得たなどと、周囲の人々の注目を引く教祖等が現れました。

さらに、人々を驚(おどろ)かせる特技や、架空の神のお告げを夢で授かったとか、呪いや「わたしは苦行したおかげで、こんな素晴らしい教えを学んできた!」などと、いつしか有名になって人々からもてはやされ、やがて驕り(おごり)と慢心(まんしん)がおき、次第に求めていた素直な心を失って名誉や権力に浸(した)ってしまったのです。

高額な御布施や金品。会費、〇〇基金、新聞・書籍購入の暗黙の要求や、政治活動に信者・会員を駆り出す一派テロ・殺人などの凶悪な犯罪者団体までもが現れ、多くの人々は「宗教にも正邪、善悪の違いがあるんだなッ」また「うわべは立派そうだが、邪(よこしま)な宗教にはまり込んだら大事な人生を破滅(はめつ)させてしまう」という意識が、徐々に社会全体に定着しつつあります。

世間にはびこる宗教団体の実態は”教祖や会長”をはじめ、それらを取り巻く幹部(団体から給料等の収入を得てるまた、役職を与えられた奉仕幹部等の人々)の、金儲け・名誉欲・権力欲・自己満足・政治活動等のために”宗教を道具”として、純粋な多くの人々の信仰心を邪な教えをもちいて操(あやつ)り、欺(あざむ)き、利用しているのが実態なのです。
ひとりで悩まず、苦しまず、まずはご一報下さい。日蓮正宗の本立寺の信徒でございます。
ご連絡先:090-3443-4537まで
中 田 博 雄(ナカタ ヒロオ)まで。秘密は厳守いたしますので御安心下さい。

不幸・苦しみの原因、害(がい)と毒(どく)?

このサイトをご覧の皆様も「断り切れない友人や仕事上の関係の人に勧められて宗教団体に入ってしまったけど、まったく良くならないどころか、どんどん悪くなっている・いったいどしてッ?」って感じている方々がほとんどではないでしょうか。

不幸・苦悩の原因は、私たち一人ひとりの純粋な信仰心を巧みに利用して操(あやつ)り、まさしく個々の人生・生命の奥深くに忍び込む害毒(がいどく)である、「不誠実な宗教・信仰集団」によるものなのです!!

けっして排他的な考えで「邪宗・悪教」と言っている訳でないことがお解りいただけたのではないでしょうか。

邪(よこしま)な宗教、誤(あやま)った信仰が如何(いかに)に恐ろしく、私たちの生活・人生・そして生命(せいめい)に大きな影響を与えかが、少しづつ理解が深まったのではないかと思います。 「自分には関係ない!」とか、「信仰は何でもいい!」または「何も信じられないから無宗教でいい!」というわけにはいかないのです。

不幸や災い、難事や障害が寄り集まって来る「原因(げんいん)」すなわち「害(がい)と、毒(どく)」だからなのです。

真実絶大なる「妙法」を!!

まったく意識の無いまま、心と体の深くまで入り込み、滲(し)みついてしまった、不幸の根源「悪しき原因」、実(まこと)の証(あかし)が伴い、正しく清浄な生命(いのち)に転換することが最も大事なのです。

一刻(いっこく)でも早く「悪しき因縁」を断ち切り、いかなる人生の問題も解決ができえる、真実の大仏法の存在を確知し、安心で安泰な「一切を開く法門」にて、必ずや一条の光がさしこみ、いま抱えている悩みや苦しみが、必ず解決するのです。

何ものにも壊されない、真実のしあわせになる方法は、仏法を正しく伝承する日蓮正宗に立ち返り、御受戒を授かり-朝夕の勤行を覚え毎日行い-ご縁の日蓮正宗の寺院または近くの寺院に出来るだけ多く参詣し-総本山 大石寺(静岡県)に参詣し-ご自分のご縁の方々へ日蓮正宗の大切な教えを伝え、共に精進する折伏を行うことなのです。

御本仏日蓮大聖人(本因妙の教主)の御出現は、私たちの一人ひとりの抜苦与楽(ばっく・よらく:仏様が衆生の苦しみえを抜いて、福楽を与えることをいう慈悲の働き)なのであります。
尚、直近の創価学会・顕正会・正信会問題の内容、脱退方法等、日蓮正宗 本立寺(松本市)御住職まで即ご相談、ご連絡下さい。
胸を開いたご教導がございます。必ず道が開けます!

日蓮正宗 本立寺 電話番号:0263−33−4528 篠田御住職様あて

「この世には、神も仏もいないよ」と、思われている方がおられましたら、なおのこと、本サイトを御一読してみて下さい!

信仰のことで悩み事、不安なこと等、ひとりで悩まず、まずご連絡下さいませ。
日蓮正宗 本立寺 信徒 中田 博雄 電話:090-3443-4537(秘密は厳守いたします)どうぞお気軽にお問合せ下さい。

真実絶大なる「妙法」を!!

最新情報:  大事な人生の真のしあわせを、共に考えてみませんか?

2017/6/1
ホームページ更新しました。お悩みこと、不安なことなど、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。電話:090-3443-4537 中田 博雄まで
2017/5/10
一日も早く創価学会、顕正会、正信会ほか人心をもてあそぶ邪な宗教から脱出しましょう!
平成24年(ユーチューブ) 日蓮正宗 総本山 大石寺 第1弾 http://www.youtube.com/watch?v=1FvEX58UJGw
2011/6/20
ホームページ「こころのとびら、そして真実」 開設
2011/6/25
ブログ 心のとびら、そして真実
2011/6/28
ブログ 悩み、苦しみを乗り越えて 真実の幸せを築く そんな扉を開けましょう

本サイトについて

■昭和35年幼少の頃、家族の縁により日蓮正宗に入信。青年期、祖父の諭し「日蓮正宗の正しい信仰は、時の歴代上人様とお寺(日蓮正宗の寺院)で教えていただき、真実の幸福を築くことができるんだよ」の、一言で目が覚める。
その後も自らの不徳により、山あり谷あり、紆余曲折の人生を歩み、小規模ながら会社の代表取締役を務めつつ、「真実の仏法」を精進研鑽中。長野県在住の日蓮正宗の一信徒である。

■本サイトは、老若男女の如何を問わず、幅広い多くの方々に「日蓮大聖人の広大無辺なる真実の仏法」の存在と功徳を開示し、不幸・困難・災害の根本原因である「誤った信仰・宗教」で苦しむ方々の「こころのとびらを開く!」を目指しております。あくまでも一個人の私的な企画制作サイトであり、日蓮正宗および所属寺院、または法華講連合会等の運営とは一切関係ありません。
(無断転写転用を禁ず)


"