高ボッチ高原

高ボッチ高原(標高1665m)の野草を中心にその他の情報もお伝えしています。

高ボッチ高原は塩尻市の東に位置し、多くの高原植物が自生する場所であり、
北アルプスや富士山も見渡せる絶好の撮影スポットとしても知られています。
また、レンゲツツジの群生地としても知られており、6月には多くのツツジの花が咲きます。



上の写真は、例年8月はじめに行われる、高ボッチの草競馬のスナップです。
高ボッチを愛する人がたくさん集まり、シシウドなどの野草を見たり、
いろいろなアトラクションを行ったり、飲んだり食べたりしながら、夏の一日を楽しみます。

高ボッチから見られる素敵な風景、生えている一本一本の草木、これらは全部みんなのものです。
訪れる方みんなが満足して帰途につけるよう、マナーを守って利用したいものです。

※掲載植物名などの間違いに気づかれましたら教えて頂けるとありがたいです。

HOME

アクセスカウンター